漁業者の森づくり活動

兵庫県の漁業者は、豊な海を作るために平成11年度より「豊かな森は豊かな海をつくります」を合言葉に兵庫県下で漁業者の森づくり活動を展開しています。
平成11年度~平成17年度までに兵庫県下6箇所に漁協青壮年部員及び漁協女性部員を中心に約1500本の植樹を実施しました。
平成19年度からは、協同組合間交流も兼ねてコープこうべ組合員と一緒に荒廃した森の森林整備(除伐作業)での「虹の仲間で森づくり」活動を行なっています。

詳しくは、⇒ こちらから

漁場環境調査

漁場環境を把握するため下記の各漁場調査を実施し、結果を各漁協及び関係機関に速報するとともに、のり養殖指導の基本資料として活用されています。
栄養塩濃度が急激に減少し始める2月上旬から、播磨灘の主力のり漁場の調査頻度を高め、状況を速報するとともに、色落ち発生予知の精度向上を目指しています。
詳しくは、⇒ こちらから